So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

◆◇世界の自作PCの世界をYOUTUBEで覗いてみましょう。。◆◇

◆◇YOUTUBE PC Site ◆◇
Youtubeからの素晴らしい動画の一部ですが、性能もさることながら、光らせてなんぼの芸術的インテリ性。魅せてなんぼの世界ですね。世界のジサカーの方がセンスがあるし、ダイナミックだし、自作PCはインテリアとしても最高の芸術品ですね!!。俺たち日本人ももっと熱くなろうぜぇ!!世界の素晴らしい自作PCに日本も対抗するには、日本の芸術文化で独特のセンスを取り入れた自作PCをつくれば、称賛されるかもしれないですね。。

















共通テーマ:パソコン・インターネット

◆◇野菜作りは愛情である。。◇◆

◆◇銭儲けも愛情である。。◇◆
syounai_hantou5.jpg
2017年8月中旬。東京はまるで、去年の四国地方9月頃のような雨続きですね。こちら四国も、猛暑が嘘のように、梅雨時期のような湿度と、天候は曇りが続いている。時折、日差しが射せば猛暑のような暑さも感じるが、台風五号以降、四国は少し涼しくなっている。なによりメインである出荷野菜の苗が定着して四枚葉が出ていい方向に温度が下がってくれた。猛暑が雲で遮られて程よい良い感じの一週間だ。雨も適度に降る程度で(俺の住む場所に限っては)被害はまだ無い。もうすぐ稲刈りも控えているが、このぐらいの天気なら熱中症にならなくて済むのだが、天候の先の事は読めない。。さて、野菜の話。。野菜といえば、野菜も鮮度が一番、出荷野菜にて、高品質の野菜を育てるうえで、一番重要なのは、種子の品質。最初の苗の遺伝子で決まる。うちで育てる出荷野菜の栽培は、ただ出荷野菜の条件に沿うだけなのである。決められた大地に、決められた栽培方法に沿うだけ。よって、一番大事なのは、種子の品質。。手間をかけて育てる。そして、ストレスを与えないように育てる。必要なときは、必要な処置を施す。苗もすべてがすべて元気に育つわけではない。途中で病気になり枯れたり、菌や虫にやられたりして枯れる苗もある。そうしながらも、天候に負けずに、菌や虫に負けずに無事出荷できるまで育った野菜は、種子の品質が良いので、最高の出来になる。。こういうのは、思うのだが、野菜に限らず、元が良ければ、すべて良い。。血統が良ければ、結果も良い。。同じように育てても、出来の良いのもあれば、悪いのもある。まったく人間も同じなのかも知れないなぁ・・・。ほっといても育つのもあれば、枯れるのもある。いずれにしても最初が肝心ではあるが、最後まで大切にせねばならない。銭になる野菜は、愛情というか、想いが込められているのは確かだ。。大雨や、猛暑や害虫駆除などに神経を尖らせながら、無事成長していく苗をみて、ホッとするのだ。銭儲けは愛情である。。

「すべての万物に愛を!!!」


◇◆正しいパソコンでのSteamの遊び方~PC業界繁栄の道。。◇◆
1cafecafe1.jpg
実際のところ、自作PCでハイスペックを組むとしたら、それこそ予算はハネ上がるのだが、実際にSteamのGAME全般を、FullHD入力普通画質で遊ぶなら、そんなにハイスペックでなくても十分低予算で組んだPCで遊べるという事を知らないといけない。極端に言えば、Core i3もしくはRyzen 3+GTX1050Tiでも十分に楽しめる。極端に言えば、Core i3もしくは、Ryzen 3+GTX1050Tiの自作PCでOSはwindows10そして、ストレージは2TB程度のHDDにモニターはFullHDそして、Steamと相性の良いWeb回線サービスと契約(光回線推薦)して、遊べは初期経費も安いものだ。。SteamのゲームにハイエンドPCでないといけないという決まりなど無い。。むしろ、コスパ良く安く組んで遊ぶのも、Steamユーザーが増えて良いことである。。電気代も安く済むし、何十万円もかけて、ハイエンドPCを組むのは、また別次元の話でもある。。今の日本はスマホが主流だが、パソコンならいろいろと出来る事はたくさんある。。しかも、世界の優れたフリーソフトもたくさんある。。実際は、自作パソコンには、そんなに金をかけなくても十分遊べるのだ。まずは、コスパの良い自作PCでSteamを遊んだり、Webサーフィンして、そこから徐々にハイエンドPCの道を歩んでいけばよい。。自作PCなんて、敷居が高くてはユーザーは増えない。世間にアピールして売り上げ増やすなら、シェアを取り戻す「怒涛な攻めのアピールが必要」(性能良くても構えているだけではPCパーツ販売はさらに減少する)。PCの使い勝手総合力をアピールして、簡単で楽しい事を世間に教えてあげる必要性がある。アニメやゲームとコラボしたオリジナルPCを手ごろな価格で販売するとか、INTERNETサービス関連や動画&画像編集やオフィス書類機能も含めた「総合的な複合キラーソフト」を開発するとか。Webテレビで自作PCの番組を定番させて世間に楽しさを伝えるとか。やるべきことは多い。そして、自作PCは、お金はかけずに安く簡単に遊べることを世間に知らせないといけないとも思う。。(とかなんとか言ったところで、俺が組む自作PCはいつもミドルスペックばかりなんだな:笑)。。嗚呼、Ryzen Threadripper 1950Xで組んでみたい(願望)

今(2017年8月現在)は、CPUやグラボなど、ロースペからハイスペまで各社パーツが揃いに揃っている。CPUもインテルとAMDで様々な種類が販売されている。。今が自作PCで一番楽しい時代なのだ。。この自作PCの楽しみ方を知らないのは、実に損である。一眼レフの画像編集したり、Webサイト開設したり、自分で情報収集したりして普通では知らない情報も知ることが可能かもしれない。先読みで誰もしないことをしてパイオニアとなり大儲けできるかもしれない。情報は無限にある世界。沢山可能性のある世界だ。。INTERNETが世界との距離を一瞬にして、情報発信もまた楽しい。。万物の辞書にもなる世界。。自宅サーバーを作ったりも出来る。。Webテレビは新時代の夜明けでもある。。乗り遅れないようにしましょう。通信費など無料に近いのが当たり前の世界であるのがPCです。。(笑)





共通テーマ:パソコン・インターネット

◆◇どんぐりなCPU界隈を突破したRyzen Threadripper 1950X ◆◇

◆◇重い処理を与えてなんぼ的な、漢CPU Ryzen Threadripper 1950X ◆◇
ryzen_tp.jpg
16コア32スレッドで、TDP180ワットの底なしに沸く馬力。。
2017年8月現在、AMDから、Ryzen Threadripper 1950X が登場した。16コア32スレッドで、TDP180ワット。ワット数は、結局性能のために上がる。CPUのサイズもこれまたデカい。。しかし、この16コア32スレッドという恐るべき並列処理能力は、PCを組み上げさえすれば、一台でかなりマルチな作業を行える。例えば、(様々な)動画編集しながら、ダブル録画しながら、スカパー観ながら、さらにデスクトップキャプチャーしながら、一眼画像編集や書類作成しながら、Webサーフィンしながら、Steamでゲームをするのも、ハイエンドグラボと組み合わせることにより、ある程度可能に思う(俺なら、グラボは消費電力的に一枚差しだが)。。このCPUと消費電力から、かなりヘビーな並列作業を行わなければ損だ。。できる限り、負荷をかけて、様々な作業を同時に行い、存分に性能を使い倒したいのが、俺の理想だ。。

モンスターCPUは、値段も15万円くらいする。マザーボードや電源そして、グラボやメモリ。ストレージにモニター複数。。自作PC界隈において、次世代的な(現行の性能を突破した)新時代の真のハイスペック機が組める「感動」が今そこにある。。AMDの、Ryzen Threadripper 1950X というCPUは、本当の意味で、ハイスペック機を限界突破した。ヘビーユーザーにも、しばらく満足感を与えられる「現状の、どんぐりの背比べ的であったCPU限界ハイスペック性能を突破して、頭二つ抜き出た、本当の馬力を魅せてやるという漢(男前)なCPU」なのだ。。その性能はプライスレス!ここは惜しみなく予算50万円ぐらいで最高の贅沢をしてみようではないか。。自作PC好きとしては、Coreiシリーズが出た時のような期待と実力を感じてやまない。。

まさに、北斗パチスロ的に表現すれば、「待っていたぞ!ケンシロウ!」なのである(笑)。。

ポケモン的に言えば、「Ryzen Threadripper 1950X。君に決めた!」なのである(笑)(笑)。。

タイガーマスク的に言えば、「力が正義ではない。Ryzen1950Xが力だ!」なのである(笑)(笑)(笑)。。

まさしく、CPUの歴史に、また1ページなのであった。。


最後に、じゃあ、お前は新たにハイスぺ自作PCを、これで組むのか?と聞かれれば、

こういった最高のパフォーマンスを発揮できる高価なパーツは、真の男前な自作PCエリートの方にお任せいたしますと頭を垂れながら答えたい。。俺のような貧乏人(名もなき自作PC好きの端くれ)は、パーツ価格と消費電力でギブアップ。。おそらく24h常時起動するので電気代が上がるし、家の部屋のブレーカーも古いので持たない。。そういった意味で、真の漢な人でないと、このCPUを使いこなせないし、維持できない。。良い意味で、人を選ぶCPUに思う。。成功という字を手に入れているエリートな方々におすすめします。。逆にいえば、初めて自作しますが、これを選びましたというツワモノが現れたら、自作PC業界の未来は明るい。。インテル好きなら、Core i9 という手もある。。

まぁ、予算さえあれば、俺がバランスの良い最高な自作PCを組み上げるのだが、モニターやキーボードやマウスやもちろんPC筐体に至るまで、こだわって仕上げたい。LEDイルミは存分に各パーツ輝かせて、魅せる筐体で仕上げたい。このCPUを使いこなすには、このCPUにあった高性能パーツ。バランスの良い組み合わせが肝である。。重い作業をして、なんぼでもある。。



共通テーマ:パソコン・インターネット

◇◆カボチャと鉄拳◇◆

◇◆見た目はなんだが、美味しいカボチャ◇◆
panp.jpg
nankin33.jpg
kabotya.jpg
カボチャを収穫した。生命力が逞しい。。土壌の連作対策にもってこいだった。。苗を数本植えただけで、一反の田んぼに大きな葉がいっぱいにめぐらせるのだ。。出荷する予定の野菜ではないけれど、(家のカボチャは)銭にはならないけれど市場に夕方、持っていった。パチスロ代くらいにはなるだろう。(笑)
そういえば、最近は5円スロットメインですが、昨日は久々に20円スロットで1000枚出した(競馬のスロット:タイトル不明)。投資が一万円なので、一万円の勝ち。そして、本日は、10円スロットを打った。北斗シリーズの得意な「強敵」なので、4千円投資で、千枚ちょっと出た。6千円の勝ち。お盆シーズンなので、深追いはせずに、即やめで勝利した。そして、夕方にかけて、家のメインのJA用出荷野菜にスプリンクラーで水やりをして、ついでに予定に無いカボチャを市場に出した。。最後にSteam鉄拳7ランクマ三連勝で即やめして充実した本日の仕事?は終了。。田舎暮らしは、数千円の収入でも、心地よいのだ(笑)。市場への出荷の利点は、二日後には銭になることかな(笑)。出荷する野菜のストックがある限り、ずっと出せる事かな。。

◆◇平和残高◆◇
sora.jpg
なんだか最近のご時世あまりにも不安定なので、戦争や災害などの時に必ずつながる衛星INTERNETを早く取り入れたいと思うのだが高い。いざとなった時につながらないWEB回線サービスよりも、衛星INTERNETと独立ソーラーパネスシステムと省電力PCは、必須の時代だと思う。情報収集能力こそ、サバイバル時に生き抜くうえで「情報力」が全てなのである。情報は世界の多角的な視野で、分析すること。。当事者国や国内の報道はあてにしない。。何かあった時は、(言葉は悪いが)便所の落書きの方が、重要な情報を流す時がある。。国内でなく、海外の有識者の見解など、世界のWorld Wide Web的な情報収集能力が必要。。なにがともあれ、いざとなった時に、まったくつながらないWeb回線サービスは問題外。。それこそ命に係わる。。INTERNETの本質は商業目的ではないのだ。。

◇◆鉄拳7フォーエバーバトル◇◆
TEKKEN7(鉄拳7)相変わらず面白い。。仕事明けに、起動して、疲れをとるかの如く、スカッとポン拳をぶっ放す。。爽快。使用するキャラをカスタマイズして、シリアスな武闘派キャラにしてみたり、お馬鹿キャラにコス出来るのが楽しい。鉄拳ボウル復活も楽しそうだ。。
さて、俺の使用するキャラ。。ポールやキング(アマキン)は、鉄拳2の頃から、よく使っていたので、使っていて思い入れもある。俺の全盛期は鉄拳2のアマキンですね。アマキンのスタイナーズドライバーとアリキック連打でハメて勝てていた(反対側の対戦相手の台から台パンチする音が響いてギャラリーも沸いていたな(盛り上がり:笑))。ちなみに鉄拳1(初代)は、ロウ(ブルースリーのようなキャラ)を主に使っていた。鉄拳3の頃は、上手い人はサラリーマンで片手に煙草を口に銜えながら、ファランを器用に使うプレイヤーを見て凄いと思った事や、ニーナで上手い人が多かったな(懐かしい)。鉄拳3は、ポールでガード不能技をタイミングよく発動させて沸かすのが得意だった。。いろいろ鉄拳シリーズは様々な思い出が浮かびますが今回、鉄拳7は、エリザとポールで楽しんでいる。アマキンはいないし、得意だったキングは超人気で、上手いプレイヤーも多いので、あえてポールにしている(笑)。。いまだにXbox有線ゲームパッドでPC(STEAM)版をプレイしているので、アケコンがないと本来の俺の実力が発揮できない(笑)。。ゲームパッドだとアケコン操作時のような鉄拳本来の操作がしにくいが、まぁ急ぐことは無い。。半永久的に遊べる。ランクマでも気軽に楽しめるし、世界中に鉄拳プレイヤーは存在する。。

永遠に闘いは続く。。鉄拳バカに乾杯!!!

tek7p.jpg
tekken7steam.jpg
http://store.steampowered.com/app/389730
↑STEAM




共通テーマ:パソコン・インターネット

◆◇台風過ぎて。。◆◇

◆◇根の定着へ向けて◆◇
yuuyake.jpg

台風五号は、四国をかすめながら、東へ移動した。出荷野菜の苗を定植した田んぼは、十分すぎる雨量で満たされたが、その分、乾燥したら土質が固くなる。苗は予想通り、雨の影響か、ピンと立ち上がって元気に定着へ向かっている。今後は、立ち枯れ病と、猛暑枯れを予防の為、注意深く観察が必要だ。上手く根が定着したら、追肥と中耕を行い、害虫予防も必要となる。。台風を利用した定着への栽培はまずまずイケたと感じる。台風後は、またしばらくは猛暑対策になると思う。。



共通テーマ:パソコン・インターネット

◇◆元気に育っておくれ・・・。◇◆

◇◆農繁期。。天候を味方につける。。◇◆

itirinsya.jpg
クソ暑い。。
2017-08-05。台風が、四国にも、ど真ん中でやってきそうな気配の中、猛暑よろしく、出荷野菜の苗を定植した。。八月は井戸水を利用した動噴エンジン簡易スプリンクラーで、水を散布して猛暑の水やりを軽減している。台風は来るのが解った上で定植する意味は、苗が小さいときは、降雨よりも猛暑で枯れる方が怖いので、植えた後に台風の雨は、ある意味恵みの雨になるという理屈。よって、猛暑と台風の雨が、うまく相殺されて、小さい苗には暴風もあまり影響なく、天候を利用した栽培促進の自然な方法とした。。もし、出荷野菜が大きく成長していたら、暴風で被害が出るでしょうが、小さな苗はよほどの水害以外は、持ちこたえると読んでいる。。八月の猛暑時期を乗り越えて、九月の多雨を凌いだら、出荷は成功するだろう。。とはいえ、出荷野菜の苗の第一弾に過ぎず、第二の苗。第三。第四。第五・第六苗の来年2月まで定植は繰り返し続く。。

まずは、猛暑。台風と続く・・・。


◆◇仕事の合間に・・・。◆◇
ponken.jpg
ひたすら、ポールで、ポン拳・ポン拳・ポン拳。。決まれば楽しい(笑)
そして、ドラクエの最新作も遊んでいる。といっても農繁期で忙しいのでレベルを1上げるのが精一杯。ついでに言えば、昼間は、パチスロで3千円勝った(笑)
最近、パチスロ勝率が落ちたと思ったら、ボーナスシーズンだったのかな?。。まぁ、パチンコ・パチスロは、お盆や正月は、少し前に出て(勝率UP)、シーズン中は、締めている(勝率DOWN)のがふつうと思います。。そういう締めている時期は、トントン(収支プラスマイナスがゼロ)でも良い方に思う(笑)

ていうか、今度の台風にも、十分注意しましょう。避難経路。非常食。水害の事前対策など、万全で挑みましょう。。



共通テーマ:パソコン・インターネット

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ