So-net無料ブログ作成
検索選択

◇◆今年もまた出荷が始まる。。◇◆

◇◆百姓の備忘録~自分から自分へ2017春。。◇◆
bonnou.jpg
今年新たに植えた品種が、あと一週間もすれば無事出荷出来そうだ。昨年出荷したのは悪天候(猛暑・大雨)を乗り越えて順調だった。今回出荷するのは手間はかからなかった。冬場なのもあり、害虫被害も少ない。ただし、成長は真冬の寒波で遅れたように思えていたが、春一番がふいて以降、暖かくなった。最後の追肥を雨の降りそうな前日に撒いて、その後予定通りの降雨が、二回続き、一気に成長した。ここは上手くいった。定植させたのが遅かったが、今ぐらいに出荷できるのであれば、今年末は、今回の三倍程の規模で計画をしたい。定植を一週間ずらせば、収穫は計画的にずらすことができる。収穫の調整である。本日は、次に出荷する品種の消毒を行った。かなり虫がついていたので、殺虫そして、殺菌消毒も併せて行った。消毒が遅れると、とんでもなく食い荒らされる。蝶々になるまでの芋虫の食欲旺盛なことといったら、その破壊力は、毎年凄い。出荷時に虫がついているだけで売値が暴落する。消毒は、なってからでは遅いので、早め早めの予防が肝心なのである。本日は出荷場で今日の相場をみてきた。相場は例年並みの普通であった。普通だから良い(安心した)ということでもある。暖かくなると、毎日、出荷野菜の成長を見なければ、大きくなりすぎている場合がある。特に出荷時期を逃さないように、これも大切である。出荷が始まれば、楽しいの一言に尽きる。野菜を出し切るまで、毎日「銭」になるということなのである。小さい百姓なので、大した額ではないが、一番楽しい時期は、出荷している今でしょ!となるのだ。



共通テーマ:パソコン・インターネット