So-net無料ブログ作成
検索選択

◇◆ニンニク◆◇

◇◆毎年恒例◆◇
ninnikubukai.jpg

今年も、JAのにんにく部会で栽培と相場についての話を聞く。毎年のことなので、聞く内容はだいたい同じ。昨年度よりも今年(収穫は来年)のにんにく作付面積は増やしたい。青切り(生にんいく)だけではなく、乾燥にんにくでの出荷量を増やしたい。何がともあれ、にんにくは管理に消毒は欠かせない。

◇◆個人的百姓の流儀◆◇
syo.jpg
余談ですが、これからの生き方や教育は、例えて言うと、情報発信力や、利便性や、影響力などのパワーが増すほどに、それを抑えられるブレーキも強力にしなければ、結果は暴走自滅崩壊する末路になってしまう。例えば、便利な社会になればなるほど、教育として、アナログな生活でいういざとなった時のサバイバル術を備えている重要性が必要である。平和主義であれば、しっかりとした防衛能力を備える。名誉ある識者なら、見栄を張るのではなく謙虚さを保つ。強い人間なら、威張るのではなく優しさを持つなど、ある一方をコントロールするための逆の手段も重要になる世の中になると思う。やりっぱなし、先のことは考えない世の中ではいけない。いくら、ピラミッドの上にいる支配者がふんぞり返っていても、一番下の庶民が崩れたら、ピラミッドの上にいる者も崩落する。少しの思いやりが、人を温かくして、明るい未来へ導く。逆に、顔の見えない少しの冷酷さが、先に述べた暴走自滅崩壊する末路になってしまうかもしれない。因果応報、無責任は無責任を呼び、無責任な結果を招く。良し悪しは別にして、現代は着実に、便利が無責任社会を拡大させている。。だからこそ、「現代の便利な生活の裏側にある真実も把握して対策を万全に備えたうえで、便利な世の中を生きねばならない。」

INTERNETを二十年以上やってきたが、INTERNETでしか得られない多角的な情報も多い。知ったところで、どうなるわけでもない。ああ、そうなんだという真実と、実際は何も変わらない現実・・・。

「事実」は、「真実」と違うかもしれないし、「真実」もまた「現実」とは違うものである。

今年考えた座右の銘にしたい(笑)。。
三年前の座右の銘は、「人間は、自分の都合の良いように物事を考える生き物である。」
だったかな(笑)。。基本言葉遊びブログだな、俺(自己満足完結型:笑)。。

ko88.jpg
さて、百姓なら、儲けようと思うのが、そもそも間違い(一部の農家は成功して金持ちですが、必要な労働力は大きくなる)。俺みたいな小さな百姓は、なんとか種代になればいいと語っていれば、少しの利益はある。大規模ならリスクも多い。少ない銭でも、リスクが少ない方が、堅実におこなえる。今の時代だからこそ、リスクは避けて、無難に営む。しかし、開拓せねば、銭は増えない。そこで、大切なのは、カイゼン方式。無駄な支出を徹底してなくすこと。圃場の作付面積と販売ルートを開拓する以外に、いかにコストを下げるかが大切。たい肥にしても、農薬にしても、種子代にしても乾燥代にしても同じように銭をかけないように栽培する。そして、栽培方法も個人経営なら人件費はいらないように機械化効率的な栽培方法を優先する。

ローリスク・ローリターンでよい。。従来の複数の職を持つ「百姓」でもいいが、もっと楽をして厳しい時代が到来しても、生き抜く為に、程よい規模を模索する。。



共通テーマ:パソコン・インターネット